ウォーターサーバーの水は主に3つのタイプに分かれる!その3つのタイプとは?

スーパーでも見られる天然水とは

ウォーターサーバーを利用する場合の水の一つに、天然水と言う水がありますよ。この天然水とは、直接現地にある地下水などの水を汲み上げた地下水をろ過、加熱した水になります。天然水は、様々な地方から汲み上げられているため、どこの地方の天然水かを記載されています。市販されている天然水には、現地を現す絵柄が扱われている事もよくありますよね。地方によっては、雨水などが地下水までに変わる過程に違いが現れるため、どの様な特徴を持ち合わせている天然水なのかを知る事がポイントの一つと言えるでしょう。

不純物を最大限に取り除いたRO水

ウォターサーバーを利用する中で、本当の水と言われている水がRO水ですよ。RO水と言うのは、ミクロ単位までの不純物を徹底的に取り除いた水になります。そのためピュアウォーターとも言われています。水に癖が無いため飲食店で扱う水にも最適であり、不純物を徹底的に取り除いているため、薬の効果が最大限に期待できるとも言われていますよ。ただし、天然水の様に、特徴のある水では無くなるため、水の味を楽しみたい場合は天然水がお勧めです。

RO水ミネラルは、ミネラルウォーター

ウォターサーバーで利用できる水の中には、市販されているミネラルウォーターの様な水があります。その中には、RO水にミネラルを加えた水もありますよ。天然水と言うのは、必ず体に必要なミネラルが含まれているとは限りません。RO水その物は、ミクロ単体で不純物を取り除くため、ミネラルが失われてしまいますよね。ミネラルは私達が生きていく中では必ずと言いまして必要な成分です。体を動かした後は、ミネラルが減ってしまう事もあり、この様な場合はRO水にミネラルを加えた水が望ましいですよ。ウォターサーバーで利用できる水には、違いがあると言う事をしっかりと押さえ、目的に合った水を選ぶ事が大切と言えるでしょう。

水というのは買い物をしていると重たいし買い物も大変です。しかし、ウォーターサーバーが一台あるとその手間が省けてかなり楽になります。