フランチャイズチェーン組織の実態と仕組み!!!

フランチャイズチェーンの特徴1つ目!

組織化されたなかで代理店として経営をすることとなるのが、フランチャイズチェーンとなります。そのなかでも、特に注目を集めている経営手段となるのが、代理店として独立をしながら経営をしていくということとなります。フランチャイズチェーンにおいては、独立した会社という形で決算をするためやればやるだけの成果と結果を得られることから非常にやりがいがある仕事としてフランチャイズチェーンの代理店販売の特徴となります。

フランチャイズチェーンの特徴2つ目!!

フランチャイズチェーンの経営を行う場合、本部と加盟店という立場になります。加入する側が加盟店となり、本部から経営方針・経営理念・経営の在り方となる専門的な知識となるノウハウまでも徹底した形で指導をしてもらえるということから、加盟店は契約時には、「加盟料」を本部に支払わなければなりません。また、毎月決められた「ロイヤルティ」を支払わなけらばならなくなりますが、大手企業の看板を背負って経営すること、大手企業と連携しているということから、非常に消費者からは信頼される代理店としてチャンスを掴むことを狙えます。

フランチャイズチェーンの特徴、3つ目!!!

フランチャイズチェーンの代理店においては、商品の取り扱いなどにおいては、共同グループというかたちで共同仕入れをすることが出来ます。また、POSシステムなどを利用することにより、在庫状況などもオンタイムで知ることができ、EOSシステムなどを使い、リアルタイムで発注が可能となり、同じグループ会社または関連会社から仕入れることが可能となり、共同で仕入れるということでコストパフォーマンスの向上を狙い、安心で安全な商品を提供できるシステムが作られています。

代理店の募集をする際には、代理店を専門に探す会社があり、全国各地の代理店を探してくれるので売り上げが伸びます。