大容量のデータ転送の3つの方法について!

USBフラッシュメモリを使う

USBフラッシュメモリを使うことによって簡単に大容量のデーターを送ることができます。さらにデータを送るだけではなくてUSBフラッシュメモリにデーターを残すのでバックアップをすることにもつながります。他のメリットは比較的安価で導入することができて、予算に合わせて要領を選ぶことができる点です。そして他の人にデーターを渡したいときもUSBメモリを渡すだけで簡単に送ることができるので、もっとも手軽な方法のひとつといえます。

無線通信規格をつかう

いろいろな種類の無線通信規格がありますが、無線通信を行うことでもデーターの送信ができます。この無線通信を利用することの大きなメリットは同じ通信規格を持つもの同士であれば、ほかに装置を必要とせずにデーターのやり取りをできる点です。ほかには無線なのでひとつの場所に固定されずに離れた場所でもデーターのやり取りができるのでパソコンやプリンターなどの重い装置をいちいち動かすことをせずにデーターの転送ができます。

クラウドを利用したやりとり

クラウドを利用してサーバーにデータを送ることでもやり取りすることができます。これを使う大きなメリットは、サーバー上にデーターを置くので端末自体の容量がかさばらずにデーターを増やすことができます。ほかにはサーバー上にデーターがあるのでひとつの端末だけではなくインターネット回線を使える全ての端末からデーターのやり取りをすることができます。さらに端末が故障した際にもデーターはサーバー上にあるのでいつでも取り出せます

大容量ファイルの送信には大変な時間がかかる場合があります。その対策としては、ファイル自体を圧縮ソフトで圧縮する、または分割送信するという方法があります。