ラバーカップがない時に試みる、トイレ詰まり解消3選!

しばらく待ってみよう

待つだけで解決できたら、こんなに楽なことはないですよね。でも実はしばらく放置して、時間をおくだけでトイレの流れが解消するケースは結構あるのです。これは主に「排泄物が水にふやけ柔らかくなる」のが要因です。排泄物詰まりだと思ったら1時間ぐらいほっといてみましょう。固い排泄物が原因でよく詰まらせてしまう人は、「これは詰まりそうだな?」と思った場合は最初からしばらく流さない、と習慣化するのもオススメですよ。

お湯をゆっくり流してみる

この方法、陶器の便器だと破損してしまう場合があるので注意してくださいね。沸騰した熱々のお湯破損のリスクが高いので、手で触れる程度の温かさが良いでしょう。お湯を入れることで排泄物が柔らかくなり、またトイレットペーパーも溶けやすくなります。これも即効性はあまり期待できないので、お湯を入れたらしばらく待ちましょう。なかなか効果がなくても、複数回お湯を試しているうちに流れる場合があります。あたりまえですが、この「待つ」手法は固形物など水に溶けないものが原因の詰まりにはまったく効果ありません。

最終手段、便器のなかに手を突っ込む

ゴム手袋を付けた手を便器のなかに直接突っ込み、詰まりの原因を直接除去する方法です。ゴム手袋を付けているとはいえ、排泄物などに直接手をのばすのは、できれば避けたいですよね。ただおもちゃなどの固形物を流してしまった場合は、業者にお願いする以外はこれぐらいしか手段がないかと思います。思い切ってやってしまえば、これが短時間で解決する方法です。汚水対策に、トイレの室内に新聞紙を引いたり、ぞうきんやバケツを用意してから始めましょう。

トイレ詰まりを直すには、ラバーカップを使うことです。これを使用することによって、素人であっても直すことができます。